福岡の7月の服装。気温や天気もチェック!

福岡の7月の気温と服装について、気象データを参考に詳しく解説します。

福岡はご当地グルメやおもしろ観光スポットが多い都市として知られています。

7月に福岡へ向かわれる方は、現地の気象状況や服装が気になるところではないでしょうか?

  1. 福岡の7月の気温は何℃くらい?
  2. 福岡の7月の天気は良い?悪い?
  3. 7月には福岡では雨は多い?少ない?
  4. 福岡の7月の気候は暑い?涼しい?
  5. 7月の福岡旅行の服装はどう?
  6. 7月の福岡旅行でのポイントは?

7月に福岡への旅行を予定している方は、上記のような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

そこで以下では、気象データをもとに、7月の福岡の気温、天気、気候、天候、旅行時の服装、この時期の旅行情報をご紹介します。

 

福岡の7月の気温

7月福岡東京
最高気温30.9℃29.2℃
平均気温27.2℃25.0℃
最低気温24.3℃21.8℃

上表は福岡の7月の月平均最高気温(℃)、平均気温(℃)、月平均最低気温(℃)を示しています。

福岡の7月の気温は何℃くらいなのか?

7月の福岡ではどれくらい暑いのか?涼しい日もあるのか?

7月の福岡の気温は東京よりやや高く、最低気温は東京と比べ高めですが、日中は東京と同じ程度の日が多い傾向。

以下では、気象統計データをもとに、福岡の最高気温、平均気温、最低気温の月別の年間推移を確認し、7月の気温がどれくらいなのかをグラフや表で詳しく解説します。

福岡の平均気温の年間推移

福岡の気温の年間推移

福岡の気温(℃)の年間推移

上のグラフは福岡の月別の平均気温の一年間の推移を示しています。

また、福岡と本州の気温の違いが分かるように、東京の月別平均気温と比較しています。

上のグラフの通り、年間を通して気温を見ると、東京と比べ、福岡は気温が若干高いというのがよく分かりますね。

福岡の7月の気温の推移

福岡の7月の気温の推移

福岡の7月の気温の推移

福岡の7月の1ヶ月間の日ごとの気温の推移を紹介します。

上のグラフは福岡の7月の上旬~中旬~下旬の最高気温と最低気温の推移を示しています。

また、福岡とその他の都市では気温差の違いが分かりやすいように、東京の最高気温と最低気温で比較しています。

上のグラフで示している通り、福岡の7月の気温は上旬・中旬・下旬に向けて気温が上がる時期です。

 福岡の7月の上旬・中旬・下旬の気温

福岡最高気温最低気温
7月上旬29.4 (+1.7)23.1 (+2.7)
7月中旬31.0 (+1.9)24.3 (+2.5)
7月下旬32.0 (+1.6)25.1 (+2.2)

上表は福岡の7月の上旬、中旬、下旬の最高気温と最低気温で、(カッコ)内は東京との気温差を示しています。

福岡では7月の上旬、中旬、下旬では上旬から下旬に向けて徐々に気温が上がります。梅雨の期間が長引く時には7月中旬頃まで涼しい年もあり、梅雨明け後には気温がグッと上がります。上旬と下旬では平均すると2℃~3℃程度高くなります。

最高気温と最低気温では日中と朝晩の日較差は6℃~7℃くらいあり、一日の内でやや寒暖差を感じる日があるでしょう。

東京と福岡の気温差を比べると、+1℃~+3℃の気温差しかありませんので、福岡到着時には寒暖差をあまり感じるようなことはないでしょう。

福岡の7月の湿度

福岡の湿度の年間推移

福岡の湿度(%)の年間推移

上のグラフは福岡の湿度の月別の年間推移を示しており、比較のために東京の湿度と比べています。通年では、冬は福岡の方が湿度がやや高く、夏はほぼ同程度であることを示しています。特に梅雨の時期には湿度が高くなると、体感温度が高くなる傾向です。

 

福岡の7月の天気

現地での旅行が充実した旅になるかどうかは、現地の天気の良し悪しに大きく影響されますね。

そこで、以下では、福岡の7月の現地の雨の状況を降水量の気象データで解説します。

ポイントを先に挙げると、福岡の7月の天気は夏雨の影響で雨が非常に多い時期です。

福岡の雨の状況

福岡の降水量の年間推移

福岡の降水量(mm/月)の年間推移

7月の福岡旅行の際には雨が心配ではないでしょうか? 福岡の降水量について紹介します。

グラフは福岡の月別の降水量の年間推移を示しており、福岡の雨の状況の特徴が分かりやすいように、東京の降水量と比較しています。

年間を通してみると、福岡の降水量は東京と比べ、夏季を除いて、同じ程度だということを示していますね。

以下では福岡の降水量を詳しくまとめておきますので、旅行時の天候の予測にお役立てください。

福岡の7月の降水量

  • 福岡の7月の降水量:278mm/月
  • 東京の7月の降水量:154mm/月

上記の通り、7月の福岡では降水量は急激に多くなる時期ですが、降水日数は多いのでしょうか、少ないのでしょうか?

福岡の7月の降水日数

福岡の降水日数の年間推移

福岡の降水日数(平均日数/月)の年間推移

上のグラフは福岡の降水日数(平均日数/月)の年間の推移を示しています。年間を通して降水日数が少ないのが福岡の特徴でしょう。7月の福岡の1ヶ月の降水日数は10日程度とやや多めです。

福岡の7月の日照時間

福岡の日照時間の年間推移

福岡の日照時間(時間/月)の年間推移

上のグラフは福岡の月別の日照時間(時間/月)の年間推移を示しています。比較がしやすいように、東京の日照時間と比べています。

通年では時期により多少異なりますが、春と秋の時期には福岡では日照時間が長く、夏と冬の時期には比較的短くなる傾向です。

一般的に、天気が良い月には日照時間が長くなりますので、旅行の参考にしてみてください。

 

福岡の7月の服装

福岡の7月の服装選びのポイント

福岡の7月の服装はどのような感じなのか?

服装選びのポイントは暑さと雨への対応になります。雨の状況により体感温度が高くなったり低くなったりし、蒸し暑く感じる日もあれば、やや涼しくなる日もありますので、服装により体温調整をするとよいでしょう。

服装により体温調整

福岡の7月は降雨により体感温度が変わりますので、旅行の際には服装選びが重要になります。

通常はTシャツやプルオーバーなどで丁度良く、外歩きの際には紫外線対策として夏向けのカーディガンなどの薄手の上着があるとよいでしょう。

雨が多い時期ですので、足元が悪くなるため、スニーカーでも防水性の靴かオシャレなレインブーツであれば安心して歩き回れます。

福岡の7月の服装の目安

アウター

  • カーディガン
  • パーカー

トップス

  • Tシャツ
  • カットソー
  • プルオーバー
  • キャミソール

ボトムス

  • ショートパンツ
  • 七分丈パンツ
  • ミニスカート
  • ワンピース

  • サンダル
  • レインブーツ
  • スニーカー

その他

  • 帽子
  • ストール
  • サングラス

 

福岡の7月の旅行情報

福岡の主要な観光スポットを簡潔に紹介します。

  • キャナルシティ博多
  • 福岡タワー
  • 中州
  • 福岡城
  • 太宰府天満宮
  • 櫛田神社
  • 志賀島
  • 猫島

福岡では上記のような観光スポットが人気ですが、福岡は博多ラーメンをはじめ美味しいグルメも盛りだくさんです。

7月下旬からの夏休み期間中の旅行は、新幹線などの交通機関の切符の手配が難しくなったり、宿泊のホテルも料金が高くなる傾向で手配が難しくなることもあるため、できるだけ早めの予約をおすすめします。

この記事が福岡旅行の計画の一助となり、みなさまの福岡旅行が充実した楽しい旅行になることを心より願っています!