【沖縄 10月 服装】気温や気候に適したコーデを紹介します

10月は沖縄旅行をするには最適な時期です。

暑さも癒え始める時期で観光スポットを訪れるには良い季節です。

ところが、日中と比べると朝晩は気温が下がることもあるため注意が必要でしょう。

そこで、今回は沖縄の10月の服装を気温、気候、天気、天候を基準に紹介します。

 

 

沖縄の10月の服装

10月になると、沖縄では気候面でも気温が下がり始め安定してきます。

昼間でも30度を超えるような暑い日も少なくなり始めます。

服装は半袖と長袖の両方

日中は半袖で過ごすことができても、朝晩はTシャツで涼しく感じる日が多くなります。

このように、10月の沖縄は過ごしやすくなり始める時期ですが、日中と朝晩では気温差が大きいため、温度調節が出来る服装がよいでしょう。

そのため、10月に沖縄旅行をする場合は、半袖と長袖の両方を持っていくことをおすすめします。

日中の気温が高い時には半袖やTシャツで、早朝や夕方以降は長袖シャツや、薄手のパーカーあるいはカーディガンの羽織ものを持参しましょう。

ボトムスはロング

ボトムスは朝晩の気温が下がることもありますので、ロングパンツか場合によってはレギンスがよいでしょう。

日中の暖かい時間帯ではハーフパンツやショートパンツでも問題ありませんが…、やはり寒くなることもありますので、ロングパンツを一つ持って行きましょう。

絶対にスカートという人も、ミニスカートだけでは涼しくなった時に悲劇ですので、ロングスカートを持って行きましょう。

履き物はスニーカー

早朝や夕方以降に気温が下がる時間帯のことを考えると、スニーカーがおすすめです。やはり、サンダルやミュールだけで足元が冷えることがありますからね。

 

10月の沖縄旅行の持ち物

帽子

沖縄では10月でも日差しが比較的強めです。

直射日光から日差しを保護するためにも帽子を持参しましょう。

サングラス

サングラスも強い直射日光から目を保護してくれます。

特に、海からの太陽の照り返しが強いため、海へ行く予定の方は必携。

日焼け止め

昼間は半袖シャツで過ごすことも多くなりますので、直射日光から皮膚を保護するためにも日焼け止めを。

紫外線を多く浴びてしまうと、シミやシワの原因になりますからね。

日傘

昼間に外出をする予定の方は日傘も持っていくことをおすすめします。

ウィンドブレーカー

特に、海岸を歩いたりする予定の方は、天候によっては風が強いことが多いですので、ウィンドブレーカーを持参しましょう。

また、朝晩は冷え込むこともありますので、そのような日には役立ちますよ。

 

沖縄の10月の気候と天気

沖縄の10月の気温

沖縄の10月の月平均の最高気温、平均気温、最低気温は下記の通りです。

  • 最高気温: 28.4℃
  • 平均気温: 25.8℃
  • 最低気温: 23.8℃

沖縄の10月の湿度と不快指数

以下は、沖縄(那覇)の10月の湿度と不快指数を示しています。

  • 相対湿度: 72.4%
  • 不快指数: 75.3(人口の10%が暑く感じ不快に感じる)

雨(降水)の状況

以下は、沖縄(那覇)の降水量と日照時間を示しています。

  • 降水量 :193.3mm / 月
  • 日照時間:157時間 / 月

台風

10月になると、沖縄に台風が接近することも少なくなります。

ところが、10月でも沖縄に台風が上陸する可能性はあります。

過去の統計データでは、毎年10月には4回~5回程度は300km圏内に台風が接近しています。

台風を予測することは難しいですので、もし台風が直撃してしまったら諦める覚悟を。

とは言っても、一つだけアドバイスがあるとすれば、10月上旬よりも下旬の方が台風の確率はぐっと下がります。

 

関連記事:【沖縄 11月 服装】気温や気候に適したコーデを紹介します。

関連記事:那覇の気候(気温/湿度/降水量/不快指数)と気象統計データを確認

コメント